WordPressブログで『保護されていない通信』を解消する方法

アイキャッチ:【ブログ初心者】WordPressでアクセス解析する方法 ブログ

ブログのURLに『保護されていない通信』って表示される…

こんにちは、おはる(@oharu_freee)です。

ふと自分のブログにアクセスしてみると、『保護されていない通信』という表記がありました。

あれ、前に一度SSL化の設定をしたはずなのに?なんで?

『保護されていない通信』を解消した方法と確認すべきことをまとめます。

おはるのライフログのブログの現状

使っているサーバーによって設定も異なってくるので、私のブログの状況を記載しておきます。

  • サーバー:Xserver
  • ドメイン:お名前.com
  • WordPress利用
  • WordPressテンプレート:Cocoon

『保護されていない通信』と表示される理由

SSL化されていない

サイトがSSL化されていない場合に、『保護されていない通信』と表示されるようになっています。

SSLとは?

SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上の通信を暗号する技術です。

https://ds-b.jp/media/pages/200/

Googleとしてもセキュリティー保護のためにSSL化と推進しているので、現在SSL化されていないサイトには『保護されていない通信』の表記がされるようになっています。

SSL化する方法(WordPress×Xserverの場合)

サーバー側とWordPress側とそれぞれ設定が必要です。

【設定の流れ】

  1. Xserverで独自SSLを設定
  2. WordPressでSSL設定
  3. Xserverで「.htaccess」設定

SSL化したのに表示が消えない!

Cocoonを利用している場合にチェックすべきこと

NoImageの設定を確認!

Cocoonの場合、アイキャッチがないとNoImageで設定されている画像が設定されます。

NoImageが特に設定していない場合は、Cocoonのアイコンになるのですが、それが【http:】で設定されているので、そのページだけ『保護されない通信』の表示が消えないのです!

*SNSなどに投稿したときに、このCocoon画像がでてたら要注意!!

私はこれで原因がわからなくて、あれやこれや3時間ほど悩みました…

CocoonのNoImageを変更する方法

  1. 【cocoon設定】→【画像】
  2. 【NOIMAGE設定】で好きな画像を設定する

NO IMAGE画像を変更する方法

『保護されていない通信』表示が消えないときにチェックすること

まずは、以下の項目を確認してみてください。古い画像がhttp:~になっている可能性が高いです。

  • ウィジェットで画像を追加したところ
  • CSSを独自で設定したところ
  • WordPressテーマ独自の設定

具体的には、このあたりですね。

  • ロゴ画像
  • favicon画像
  • トップ画像

常時SSL化して、安心したサイト運営をしよう!

ブログにアクセスするたびに、『保護されていない通信』表示がでるとなんだか不安な気分になりますよね…。SSL化をクリアして、安心してブログ運営していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました